FC2ブログ

kenchicjunreiのブログ2nd

Author:kenchicjunrei 日々の生活の関心ごとと建築とか、投資、金融政策、支配層のこと、などについて書いています。 記事の多いカテゴリー: 歴史・日本建国 (26)、核と人工知能 (38)、金融と起こされる事件 (45)、金融経済投資 (44)

武漢肺炎ウイルスはアメリカ起源=「ウィルスは米軍持込」の発信源だったツイッターの外交部・趙立堅、なんとアメリカに亡命!?Q達による世界公開された軍事裁判の資料=大物政治家大物IT起業家ハリウッドセレブが戦争犯罪・殺人・人身売買等で起訴・逮捕へ 

■「ウィルスは米軍持込」ツイッターの外交部・趙立堅、アメリカに亡命!?https://youtu.be/D7RcE1-BzMk「ウィルスは米軍持込」ツイッターの外交部・趙立堅、アメリカに亡命!?91,522 回視聴•2020/04/019:44鳴霞の「月刊中国」YouTubeチャンネル登録者数 4.27万人🔶ニコニコチャンネルで、鳴霞さんのチャンネルが開局いたしました!  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓「月刊中国」鳴霞の「中国のことなんでも答えます!」 h...
Read More

新型コロナで、いきなり重症肺炎にならない方法。感染発症から3~4日で重症化する。殺されたくなければ、主治医やクリニックに行って、レントゲン、CTなどを使って「一日も早く肺炎に気づく」。カバール(イルミナティ)大量逮捕劇は本当に始まっているのか?3月30日デイヴィッド・ウィルコックからのメッセージ 

今日のメニュー・即時、アビガンを臨床現場に投入して、4日で感染者を陰性に戻し、濃厚接触者の感染を防ぎ、入院せずに自宅療養し、医療崩壊を防止することである。これを安倍政権が怠れば、殺人罪・内乱罪である。・いきなり重症肺炎にならない方法・志村けんさん 家で我慢しすぎ ドクターが往診 肺機能半分以下入院しても意識不明 エクモでもすでに手遅れ●感染爆発寸前の日本。波乱の世にはこの人の声を聴いてみよう。文明ア...
Read More

厚労省の感染死者予測裏実態データ。いまの日本は「2週間前のニューヨーク」かもしれない。武漢新型コロナは、沈黙のステルス兵器=免疫抑制式時限爆弾である。生物兵器ウイルスを播くのを可能にする、噴霧乾燥機技術を中国に輸出。ロスチャイルドとロックフェラーのJH大学がコロナウイルスが世界に蔓延する、と2018年に予告 

■中国と日本、実際の感染者数と死者数はどれくらいか? 北京政府も日本の厚労省も表データと裏実態データがある。厚労省の裏予測実態データでは東京は二週間前のニューヨークの拡散曲線になっているらしい。 感染者は2週間で212人→3万人超に。アビガンは今、DeepState翼下の経産省ではどういう扱いになっているのか。https://youtu.be/5cPExLZtiug報道されない新型コロナウイルスの真実450,163 回視聴•2020/03/2733:04MITZ CHANNEL...
Read More

PCR検査を月間10万件程度の量産なら、1800人の陽性で、医療崩壊にはならない。ミサイルは飛んでこないが、インバウンドと国賓招待で日本をがんじがらめにしてウイルスと特殊部隊で侵攻する中国の日本攻撃、超弦戦争が始まっている。武漢コロナで中国1800万人死亡か! 

・PCR検査を月間10万件程度の量産なら、1800人の陽性で、医療崩壊にはなりません。・軽症・無症状の陽性者は自宅療養に・武漢肺炎ウイルスは、戦後の日本の欠陥、宿痾をあぶりだしている。・北海道の発生クラスターは、元はと言えば春節92万4000人の中国人。中国武漢起源。・日本は簡単に国防線を破られている。観光の中国人には人民軍特殊部隊が紛れ込んでいる。・ミサイルは飛んでこないが、インバウンドと国賓招待で日本をがん...
Read More

新型コロナ究極退治法=一日も早くPCR検査を待たないで、CTで軽症肺炎を見つけて、直ちにアビガン投与開始すべきです。新型コロナ完全対策マニュアル=マスク、酸素、人工呼吸器、を増産しなさい。プラス、アビガン投与。これで新型コロナで人が死ぬことがなくなります。 

■NHK報道 中国政府 臨床試験でアビガンに治療効果 治療薬として使用へ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336431000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 中国政府 臨床試験でアビガンに治療効果 治療薬として使用へ2020年3月17日 21時01分中国政府は、新型コロナウイルスによる患者を対象に行った臨床研究の結果を公表し、日本の製薬会社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」に治療効果が認められ、...
Read More