FC2ブログ

kenchicjunreiのブログ2nd

Author:kenchicjunrei 日々の生活の関心ごとと建築とか、投資、金融政策、支配層のこと、などについて書いています。 記事の多いカテゴリー: 歴史・日本建国 (26)、核と人工知能 (38)、金融と起こされる事件 (45)、金融経済投資 (44)

建築によって忘れてしまったものを、建築によって思い出す 

家を建てる家普請(やぶしん) 屋根の葺き替え屋根普請 普請=みんなが自分にあるものを出しあって村のみんなが助け合う。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E8%AB%8B普請(ふしん)とは、普く(あまねく)請う(こう)とも読み広く平等に奉仕(資金・労力・資金 の提供)を願う事であり、社会基盤を地域住民で作り維持していく事を ... 端的にいえば 互助活動や相互扶助や自治としての建設(修繕、模様替も含まれる)の為...
Read More

住宅建築の至宝。建築家・吉村順三の軽井沢の山荘。気持ちいいだろ。気持ちいいのはプロポーションもいいんだよ。 

こころとからだを揺さぶる体験が ――――。建築界の掌中の珠といわれる名作。気持ちいい、いごこちのいい、の正体、現代住宅の 仮構=プロポーション、と、収まりの 美。吉村順三の住宅建築の本質。https://youtu.be/xovHf42VIHg-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘)115,153 回視聴•2009/09/149:27phonographjpチャンネル登録者数 962人-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘) 吉村順三[1908—97] 建築家。東京生まれ。東京...
Read More

モダニズム近代建築の均質性に対して、個の地域性と個の時間性を提示した建築家: 原 広司 

近代建築としての現代の住宅: 便利と平等の「均質空間」で個を閉じ込める住空間と、それを対等でない偽の平等で繋げる悪弊のコミュニティ。つまり公団コンクリ集合住宅や戸建て大規模開発団地。戦後の建築基準法にも具現され規制化される、現代住宅の画一性、均質性。現代住宅の画一性、均質性は、モダニズム近代建築理念の均質性に負っている。画一性、均質性の過度な追及が公害問題を生み出すとき、建築家: 原 広司が登場した。...
Read More

狭くても、とてつもなく豊かな空間。都市のど真ん中のミニマム狭小住宅の傑作。 

狭いからこそ、可能になることがある。あの利休の茶室=宇宙のように。狭くても、とてつもなく豊かな住空間。現代の都市のど真ん中の、ミニマム狭小住宅というもの。●ミニマム(狭小)住宅の先駆的作品 名作「塔の家」 建築家 東孝光1966年竣工、東京渋谷区神宮前に建てられた東孝光の自宅(兼事務所)●ミニマム(狭小)住宅の傑作 建築家 保坂猛2019年 LOVE2 HOUSE2015年 LOVE HOUSE●ミニマム(狭小)住宅の傑作 建築家 原田真宏 + 原...
Read More

【住宅建築の名作】設計 堀部安嗣 「南の家」そして「市原の家」 

【住宅建築の名作】「南の家」1995年 設計 堀部安嗣 竣工年: 1995年5月 所在地: 鹿児島県薩摩郡 主要用途: 週末住宅92.カオルがずっと見たかった!南の家 設計 堀部安嗣 オープンハウス2017 ありがとうhttps://youtu.be/oMFjjhLeZcw10:14ameta TV2017/11/29 に公開アメタカオルが憧れていたお家がなんと!オープンハウスに!!見に行ってみたら、やっぱりよかった!!【住宅建築の名作】「市原の家」2011年 堀部安嗣建築設計...
Read More