FC2ブログ

kenchicjunreiのブログ2nd

Author:kenchicjunrei 日々の生活の関心ごとと建築とか、投資、金融政策、支配層のこと、などについて書いています。 記事の多いカテゴリー: 歴史・日本建国 (26)、核と人工知能 (38)、金融と起こされる事件 (45)、金融経済投資 (44)

発熱しない潜伏期の保菌者が日本にどっとやってきた。潜伏期の保菌者=武漢人造ウイルス保菌者。パンデミックとともに、中国生物化学兵器製造と漏洩、バイオハザードが、暴かれ、国連が査察し米政権によって、真相が明らかになっていく。 

●検疫サーモグラフィーでは、すり抜ける。発熱しない潜伏期の保菌者が日本にどっとやってきた。https://www.nishinippon.co.jp/item/n/578123/新型肺炎に九州恐々 中国人客続々、春節連休スタート西日本新聞 2020/1/24 6:02 (2020/1/24 10:34 更新)「感染怖い」「来ないと困る」 多くの中国人客が訪れる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)近くの大型免税店は、全従業員がマスク姿。中国人の常家碩店長(33)は「従業員やその家族の...
Read More

人造ウイルス・パンデミックを乗り越えるには、陰圧病室で隔離して管理治療、という現代医療の常識は、本当は死にやすい。免疫体を生成する森のなかに放置して、人工ウイルスを自然界の淘汰に任せる。 

ワクチン投入はパンデミック拡大要因、ワクチン投入しなかった場合は、かえって早く自然に鎮静化する。なんて、信じられない、ひとが多いが。■人間は縄文の太古から寄生するウイルスと、あるバランスで共存共生してきた。https://youtu.be/_ZiW5t5DMmI【武田邦彦】危険レベルなんて意味ないですよ!ウイルス99%カットマスクの無意味さと汚れたWHO……信じてはいけません。【遺伝子配列 SARS 新型肺炎 新型コロナウイルス 共同...
Read More

2020年の中国の春節の休暇期間は 1月24日~1月30日。二月になると、日本列島は新型肺炎のパンデミック拡大の門口、原油価格急上昇、にいることを確認することになる。 

春節は、中国の旧正月のことです。 2020年の春節は1月25日。 春節の休みの期間は、 春節の前日から一週間 と定められています。 よって、2020年の春節の期間は、 1月24日~1月30日までとなります。横浜、大阪、福岡、長崎には、それぞれ50万人単位で、春節の中国人が押し寄せる。新型肺炎のウイルスが入って来るのは確実。しかも空港港湾の検疫で防ぐ能力はまったく不足、お手上げ。二月になると、新型肺炎のパンデミック拡大の門...
Read More

地検特捜によって起訴されたら最後、日本に裁判はありません!なぜなら、・特捜検察は、裁判では被疑者の無罪を証明する証拠を隠す、出さない。・裁判官は、被疑者の無罪を証明する証拠を、公判前に無理やり、却下する。からです。 

検察のホームページより。「特捜部(特別捜査部)」って何ですか? 特捜部は,東京・大阪・名古屋の地方検察庁にだけ置かれている部で,公正取引委員会・証券取引等監視委員会・国税局などが法令に基づき告発をした事件について捜査をしたり,汚職・企業犯罪等について独自捜査を行っています。 また,上記三庁以外の主要道府県の地方検察庁にも独自捜査をする特別刑事部が置かれています。 (以上引用おわり)警察が捜査し逮捕し...
Read More

ゴーン逮捕拘束⇒日本脱出 と 東京地検特捜の戦前特高的特権むきだし出自。 

『例えば私たちは「北朝鮮」から脱出してきた人たちを、命がけで不当な権力に背を向けた英雄のように捉えることがあります。 ベルリンでは、冷戦時代に「ベルリンの壁」を突破して自由な西側世界に脱出してきた人たちは、事実「英雄」でもありました。これと同じように、今回のカルロス・ゴーン氏「日本脱出」・・・「脱北」同様に短縮するなら「脱日」とでも呼ぶべきでしょうか・・・を、国際世論が「正義の行動」と捉えれば、日...
Read More

国軍ではなくハメネイ師の私兵軍団であるイラン革命防衛隊は国民から嫌われているようだ。ウクライナ旅客機誤射撃墜で国民の怒りは激しく、反政府デモも激しくなった。 

国軍ではなくハメネイ師の民兵軍団であるイラン革命防衛隊は国民から嫌われているようだ。革命防衛隊によるイラン人が多く乗ったウクライナ旅客機ミサイル誤射撃墜で、イラン国民の怒りは激しく、反政府デモも激しくなった。さらに暗殺された革命防衛隊コッズ部隊司令官ソレイマニを殉職の英雄として祭ろうとした葬儀大作戦も、政府による、国民強制参加の自作自演だったことが、バレる。■イランの民間機誤射が歴史を変えるのか?...
Read More

米軍がドローンミサイルで、イラン革命防衛隊司令官ソレイマニ殺害で、米イラン戦争が始まる理由はできた。理由はできたが、米イランはあうんの呼吸で、戦争は始まらない。 

イランが外交官だといい、アメリカがテロリストだという、イラン革命防衛隊司令官ソレイマニを、訪問中のイラクで米軍がドローンミサイルで殺害。 ―-イランが主権国家に対する宣戦布告だとし、十分に戦争開戦の理由になる。しかし、戦争は始まらない。世界の統治層エリートは、開戦実行よりも、開戦リスクをたっぷり燻ぶらせることを意図する。中東発の地政学リスクで乱高下する「ジェットコースター相場」でトランプは大統領選挙...
Read More

ゴーン逮捕長期拘束⇒ゴーン密出国⇒記者会見、のいまこそ、ゴーン逮捕の真相、とは? 

ゴーン逮捕長期拘束⇒ゴーン密出国⇒レバノンでの記者会見、のいまこそ、そもそものゴーン逮捕の真相、とは、何だったのか。■そもそもの、ゴーン逮捕の真相とは(以下の記事を抜粋引用) http://kenchicjunrei.jp/blog-entry-152.html 「ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府」/田中宇の国際ニュース解説 23 November 2018世界支配層の中の「隠れた多極主義者」による「意図した自滅行為」で世界は動いていく、という「多極化...
Read More

イラク危機勃発・米イラン戦争が起こるか?ゴーン密出国と、人質司法・地検特捜の冤罪・検事による調書捏造犯罪の黒歴史。日本の暗黒司法、地検特捜へのゴーンの復讐が始まる。 

■イラク危機勃発 米イラン戦争が起こるか?【及川幸久ーBREAKINGー】https://youtu.be/aYViILKtu7s【謹賀新年】イラク危機勃発 米イラン戦争が起こるか?【及川幸久ーBREAKINGー】104,256 回視聴?2020/01/0112:24及川幸久 潜在意識チャンネルチャンネル登録者数 7.88万人<本日の及川幸久?BREAKING NEWS? >※ほぼ毎日更新※【謹賀新年】イラク危機勃発 米イラン戦争が起こるか?■「カルロス・ゴーン」ホリエモン、メンタリストDa...
Read More

JAL123便墜落事件の真相について。それは、日航123便撃墜計画を原因とする、局所的に日米ソ世界戦が発生し、短時間で、各国の全部隊が全滅して終わった。いまも隠されている実質は1985年版日米戦争だった。 

ほとんどの日本人はJAL123便墜落事件の真相について、まったくかすりもしない。二回目。JAL123便墜落事件、再調査レポート『新・日本の黒い霧』に帰って。JAL123便墜落事件とは?何?それは、日航123便に積載する軍事物資(BF4=毒ガス原料・核弾頭)⇔日航123便撃墜計画の情報に、日米ソがこれに対応した軍事衝突、局所的に世界戦が発生し、短時間で、各国の全部隊が全滅して終わった、いまも世界に日本人に隠蔽れている1985年版実質...
Read More