FC2ブログ

kenchicjunreiのブログ2nd

Author:kenchicjunrei 日々の生活の関心ごとと建築とか、投資、金融政策、支配層のこと、などについて書いています。 記事の多いカテゴリー: 歴史・日本建国 (26)、核と人工知能 (38)、金融と起こされる事件 (45)、金融経済投資 (44)

田楽 日本の農村共同体は遊びと布施―普請から始まった。田楽 切腹ピストルズ イン ニューヨーク。映画『れいわ一揆』は田楽イン参院選か。アーミッシュな安岡村牧場の馬で始まる安富歩の非暴力協同体の実験。 



■田楽 神楽 日本の農村共同体は遊びと布施―普請から始まった

https://ja.wikipedia.org/wiki/田楽

田楽(でんがく)は、平安時代中期に成立した日本の伝統芸能。楽と躍りなどから成る。「田植えの前に豊作を祈る田遊びから発達した[1]」「渡来のものである」などの説があり、その由来には未解明の部分が多い。

もともと耕田儀礼の伴奏と舞踊だったものが仏教や鼓吹と結びついて一定の格式を整え、芸能として洗練されていった[2]。やがて専門家集団化した田楽座は在地領主とも結びつき、神社での流鏑馬や相撲、王の舞などとともに神事渡物の演目に組み入れられた[2]。

中世以来、各地に伝わる民俗芸能の田楽をまとめると、共通する要素は次のようになる[2]。

びんざさらを用いる
腰鼓など特徴的な太鼓を用いるが、楽器としてはあまり有効には使わない
風流笠など、華美・異形な被り物を着用する
踊り手の編隊が対向、円陣、入れ違いなどを見せる舞踊である
単純な緩慢な踊り、音曲である
神事であっても、行道のプロセスが重視される
王の舞、獅子舞など、一連の祭礼の一部を構成するものが多い


歴史
文献史料に残された田楽と、今日に伝わる郷土芸能の田楽には開きがあり、時期によってその中身に変化があったと考えられる[2]。田楽の文献史料では992年の『和泉大鳥社流記帳』が最も古いとされるが、史料的にやや疑問がある。次いで古い記録には、998年の『日本紀略』に京都松尾神社の祭礼で山崎の津人が田楽を演じたという記録がある。

平安時代
平安時代に書かれた『栄花物語』には田植えの風景として歌い躍る「田楽」が描かれており、大江匡房の『洛陽田楽記』によれば、永長元年(1096年)には「永長の大田楽」と呼ばれるほど京都の人々が田楽に熱狂し、貴族たちがその様子を天皇にみせたという。平安後期には寺社の保護のもとに座を形成し、田楽を専門に躍る田楽法師という職業的芸人が生まれた。


鎌倉・室町時代
鎌倉時代にはいると、田楽に演劇的な要素が加わって田楽能と称されるようになった。鎌倉幕府の執権北条高時は田楽に耽溺したことが『太平記』に書かれており、室町幕府の4代将軍足利義持は増阿弥の芸を好んだことが知られる。田楽ないし田楽能は「能楽」の一源流であり、「能楽」の直接の母体である猿楽よりむしろ高い人気を得ていた時代もあった。

田楽は、大和猿楽の興隆とともに衰えていったが、現在の能(猿楽の能)の成立に強い影響を与えた。能を大成した世阿弥は、「当道の先祖」として田楽から一忠(本座)、喜阿弥(新座)の名を挙げている。

近世以後
江戸時代には一部の故実家や国学者が関心を向ける程度で、芸能としてはほぼ忘れ去られた存在となっていたが、大正末から戦後にかけて興った芸能史・民俗芸能研究とそのフィールドワークの結果、日本各地の神事祭礼のなかに残された田楽の記録が集積された。

郷土芸能
現在までに、びんざさらを使う躍り系の田楽と、擦りささらを使う田はやし系の田楽とに分かれてきた。躍り系の田楽には、豊穣を祈念するものと、魔事退散を祈念するものとがある。



■田楽 切腹ピストルズ イン ニューヨーク

https://youtu.be/bAQBwT6SF3w


Seppuku Pistols Times Square 切腹ピストルズ@タイムズスクエア
1,259,658 回視聴•2018/07/06

ドキュメンタリー「切腹ピストルズ」公式 Seppuku Pistols Documentary
チャンネル登録者数 1.18万人
Japanese traditional drum PUNK band Seppuku Pistols performed at Times Square Manhattan. "We are the survivors of extinct Japanese wolves" Leader Iida yelled. "Anti-Mordanization Dance" is the song based on their motto "Back to more than 150 years ago Edo Era. Audiences got excited by wild performance.
和太鼓パンク集団 切腹ピストルズがニューヨーク タイムズスクエアで演奏。あらゆる国の人々を巻き込みヒートアップさせていく全貌






reiwa-1
reiwa-1.jpg
出典: https://youtu.be/6RYbhWAXoE0



■映画『れいわ一揆』予告編 

『れいわ一揆』は、田楽イン参院選か


https://youtu.be/6RYbhWAXoE0


映画『れいわ一揆』予告編
7,514 回視聴•2020/03/05
1:41
シネマトゥデイ
チャンネル登録者数 184万人
『ゆきゆきて、神軍』などの原一男監督が、2019年の参議院選挙で脚光を浴びた「れいわ新選組」の候補者に迫るドキュメンタリー。女性装の東大教授として知られる安冨歩氏をはじめ、個性的な10名の候補者が選挙運動に臨む。日本の今を世に問う作品に取り組むことをモットーとする、原監督の新レーベル「風狂映画舎」の第1弾作品。






■参院選 #東京選挙区 に出馬中の #野原ヨシマサ 候補 信濃町〜創価学会総本部前での街頭演説 7月14日午後1時19分 #れいわ新選組

https://youtu.be/vGo4lR-khvU


#参院選 #東京選挙区 に出馬中の #野原ヨシマサ 候補 信濃町〜創価学会総本部前での街頭演説 7月14日午後1時19分 #れいわ新選組
8,040 回視聴•2019/07/14

ほうとうひろし
チャンネル登録者数 415人
2019年7月14日午後1時19分より、信濃町〜創価学会本部前で撮影。

この前に信濃町駅前で行われた選挙演説はこちら。




■『れいわ一揆』公開まで、じっと我慢の子 第2回 ゲスト:安冨歩さん

テーマ音楽は3:01まで、で始まります

https://youtu.be/ntlHjnYRQJU


『れいわ一揆』公開まで、じっと我慢の子 第2回 ゲスト:安冨歩さん
14,607 回視聴•2020/06/26 にライブ配信
2:05:55
原一男チャンネル
チャンネル登録者数 3120人
原一男監督をMCに、本編の出演者はもちろん、上映予定のミニシアターの関係者をゲストにお迎えし、なぜ映画館で観て欲しいのか、などについて熱く語ります。


再洗礼派起源のアメリカのアーミッシュ協同体を研究してきた安冨歩教授 非暴力協同体 純セレブ教のいま

アーミッシュ協同体とは 高等教育拒否 公共学校なんかいらない 読み書き算数はじぶんたちが教えるオルタナスクール アーミッシュの人口は少子化の真逆ー20年で2倍

オルタナティブ安岡村牧場の馬 で始まる安富歩の非暴力協同体の実験

安富歩の非暴力協同体の実験には、アーミッシュ協同体における原始キリストに対しては、日本の文化の文脈にあるものが必要だろう。

お東さん騒動 栃木新フッタライト教会 高等教育で衰退 なぜ創価は失敗したのか


reiwa-2
reiwa-2.jpg





■キリスト教の非主流派として非暴力で前近代的な生活を営むアーミッシュ協同体。殺人事件の「目撃者」となったアーミッシュの少年とその母親を守ろうとする一人の刑事の格闘を描いたサスペンス映画


ハリソン・フォード 映画「WITNESSー 刑事ジョン・ブック 目撃者」

Movie CLIP Murder Witness

https://youtu.be/J215p0P-ieA


Witness (5/9) - Murder Witness (1985) HD
191,491 回視聴•2011/10/09
2:42
Movieclips
チャンネル登録者数 4350万人






■Witness - Harrison Ford in Action

Movie CLIP violence

https://youtu.be/6DkDGCI9fkc


Witness - Harrison Ford in Action
105,137 回視聴•2016/06/22
2:36
mariuszslosarczyk
チャンネル登録者数 376人

I do not recognize violence but this scene shows that it is sometimes justified and necessary. In addition, a great Harrison Ford.






■WITNESS 「刑事ジョン・ブック 目撃者」 音楽Maurice Jarre


https://youtu.be/eiNepdTGO8Y


WITNESS 「刑事ジョン・ブック 目撃者」 Maurice Jarre 「VAIO MOVIE STORY」 Film Music
8,016 回視聴•2016/12/18
4:57
Takahashi Yuji
チャンネル登録者数 269人
WITNESS「WITNESS」を 「VAIO MOVIE STORY」にて編集しました。



【映画紹介】

キリスト教の非主流派として非暴力で前近代的な生活を営むアーミッシュ協同体。殺人事件の「目撃者」となったアーミッシュの少年とその母親を守ろうとする一人の刑事の格闘を描いたサスペンス映画

https://ja.wikipedia.org/wiki/刑事ジョン・ブック_目撃者 より引用


『刑事ジョン・ブック 目撃者』(けいじジョン・ブック もくげきしゃ、原題: Witness)は、1985年公開のアメリカ映画。

製作会社はパラマウント映画で、監督はピーター・ウィアー。原案・脚本はウィリアム・ケリー、アール・W・ウォレス。主演はハリソン・フォード、ケリー・マクギリス。

タイトル通り殺人事件の「目撃者」となったアーミッシュの少年とその母親を守ろうとする一人の刑事の格闘を描いたサスペンス映画である。その一方で、キリスト教の非主流派として非暴力で前近代的な生活を営むアーミッシュと刑事との文化的交流や恋愛模様を描いたヒューマンドラマとしての色合いが強いのも特徴的である。


ストーリー
夫を亡くしたレイチェルと息子サミュエルは、ペンシルベニア州ランカスター郡のアーミッシュの村から親族のいるボルチモアへ行く途中だったが、乗り換えの駅のトイレでサミュエルは二人組みによる殺人を目撃する。

事件を担当する刑事ジョン・ブックは母子を半ば強引に警察署へ連れて行き面通しを行うが、そこには殺人犯の姿はなかった。面通しには時間がかかるため、ホテルに宿泊させると勝手に帰られる恐れがあり、ジョン・ブックは自分の妹の家に母子を宿泊させる。しかし署内に掲示されている新聞の切り抜きをたまたま見たサミュエルが犯人の一人が署内の麻薬課マクフィー刑事であることに気づく。ジョン・ブックは、すぐシェイファー本部長に相談し犯人逮捕の善後策を練り、マクフィーが指揮した捜査で麻薬の原料P2P(フェニルアセトン)が大量に押収されたが、紛失していたことを本部長に報告する。しかし、その日のうちにジョン・ブックは駐車場でマクフィー刑事の襲撃を受け負傷してしまう


マクフィーが犯人であるという事実は、シェイファー本部長以外には口外していない、すなわち本部長もグルで母子が非常に危険な状況であると判断したジョン・ブックは、妹にも行き先を言わず、自分の車と妹の車を取り換え、母子を秘密裏にアーミッシュの村に送り返すが、彼自身も傷が深くその場で倒れてしまう

銃創を病院で治療すると警察に通報されてしまうため母子の家で傷を癒す事にしたジョン・ブックはアーミッシュの生活に入り込み、酪農作業や大工作業を手伝う一方で、相棒の刑事とコンタクトをとり、彼らの村がどこにあるか特定できないようサミュエルの調書を隠すように依頼し時間を稼ぐ。しかし何度目かの電話で相棒が殉職したことを知り、本部長による暗殺であると確信したジョン・ブックは苛立ちのあまりアーミッシュをからかう観光客に対し暴力をふるってしまう。

平和主義者のアーミッシュによる暴力事件は前代未聞であり、この事件を契機にジョン・ブックの潜伏する家を特定したシェイファー本部長は、殺人犯の二名を引き連れ目撃者とジョン・ブックの暗殺に乗り込んでゆく。殺人犯二名はジョン・ブックにより倒されるが、シェイファー本部長はレイチェルを人質にとりジョン・ブックを追い詰める。しかし隙を付いてサミュエルが鐘楼に登り鐘を鳴らし危機を知らせたため村人が大勢集結し、シェイファー本部長もこれまでと観念し銃を下ろす。

事件が解決し村に留まる理由がなくなったジョン・ブックは、レイチェルと互いに思いを寄せていることをわかっていたが、住む世界が違うこともまたわかりあっていた。二人は交わす言葉もなく別れて、ジョン・ブックだけが村を出ていくのであった。



第28回ブルーリボン賞では外国作品賞に選ばれたほか、第58回アカデミー賞では5部門(作品賞、監督賞(ピーター・ウィアー)、主演男優賞(ハリソン・フォード)、脚本賞、編集賞)にノミネートされ、そのうちの2部門(脚本賞、編集賞)を受賞した。








■坂本龍一と安冨歩の対談?談話?対話?2020/01/02

https://youtu.be/knkvZWJ-S1M


坂本龍一と安冨歩の対談?談話?対話?【20200101】
54,176 回視聴•2020/01/02
23:17
otonone/オトノネ
チャンネル登録者数 1010人



https://www.bookbang.jp/review/article/30196
■『満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦』

安冨 歩 [著]
 出版社 KADOKAWA  より引用


満州国を滅した「東大話法」
[レビュアー] 平山周吉(雑文家)

「なぜだれも止められなかったのか?」という帯のコピーは、薄化粧の顔写真に向けられたものではない。爆走する満鉄「あじあ」号の写真へ向けられている。近代日本の夢と希望の大地「満洲」、そこでの壮大な国家的「暴走」への学問上の問いかけである。政治、軍事、外交からのアプローチでなく、主に経済、金融、自然環境から「満洲」の成立と崩壊が解き明かされる。キワモノではない学問の魅力が伝わってくるのだ。

 本書は安冨センセイの共編著『「満洲」の成立』(名古屋大学出版会)の研究成果を圧縮し、今日的問題意識の下に再構成し、満洲開拓団を出した長野県の泰阜(やすおか)村での講演をもとにしている。むさくるしいチェ・ゲバラ風の髭面(学術論文集)をかなぐり捨てて、さっぱりと「自分の本来の姿」になった薄化粧の著者の幸福感溢れる語りに変貌している(もっとも、もとの論文集は積ん読なので、私のいうことはあてになりませんが)。

「どこまでも続く地平線、果てしなく広がる大豆畑」――我々が共有する赤い夕陽の満洲イメージがまず冒頭であっさり訂正される。清朝を建国した満洲族のふるさとだったため、開発が禁じられ、満洲は緑に覆われた「動植物のユートピア」だった。それが日露戦争の頃を境に激変し、森林は伐採され、動物はいなくなり、一面の大豆畑になっていく。生態の変化は、「ポジティブ・フィードバック」という名の破壊力となって相互促進作用を発揮する

「満洲」という空間の成立要素を著者は列挙する。鉄道建設、馬車の活躍、県城経済、大豆の国際貿易、中国本土からの大量の移民、日露の帝国主義的投資、強力な張作霖政権等々。それらが絡み合い、自己増殖的に増大し、雪だるま式に膨れ上がってゆく。満洲事変から始まる満洲国成立、支那事変、日米戦争、そして敗戦と棄民と投下資本の喪失。その短期間の「暴走」を分析し、近代史の貴重な教訓をいまに活かそうという熱気に溢れている。たとえば満洲の森林を食いつぶした満洲大豆の擡頭は、場所を替え、アマゾンの熱帯雨林の消失にとつながっている、といった風に

■ 満洲大豆の輸送は日本の国策会社・満鉄(安冨は「設立の当初は、鉄道会社のフリをした植民地経営機関だった」と言っている)を「高い利益率(=搾取率)を誇る超優良(=悪徳)企業」に押し上げた。それなのに満洲国ができると関東軍が発言力を増し、重工業部門などを切り離され、不採算路線敷設という重荷を背負わされた。「ですから、満鉄にとってみれば満洲事変など起きない方がよかったのです」。

 関東軍の成功に幻惑された陸軍は、北支への進出を仕掛け、支那事変へと進む。満洲の「成功体験」からして、支那の支配はちょろいと楽観視したのだ。ところが、県城経済の満洲と定期市ネットワーク経済の北支では支配構造がまったく違っていた。鉄道と県城を確保すれば容易に支配が可能になった満洲の単純なコミュニケーション・パターンは北支では通用しなかった。●分散的・階層的な社会だったため、日本軍は点と線しか押さえられなかった陸軍中枢が「実学」をもっと重んじれば、「ある程度のところで講和できたかもしれず、国が滅ぶということはなかったかもしれません」。「同じようなことを現代社会でも考えないといけないのです」。

 個々の軍人や官僚(いまならビジネスマンも)が優秀で命がけで必死に働くと、「不思議なことに、トンチンカンなことばかりが起き始めます」。その結果の「暴走」を引き起こすものは何か。それを安冨は「いまもなお続く日本の宿痾」である「立場主義」と名づける。江戸時代までの家制度の「家」に代わり、「立場」が近代日本を生み出したと

「立場」を敏感に感じとり、さかんに作品の中で使ったのは●夏目漱石ではないか、と安冨は睨んでいる。『明暗』には、ポジション、ポリシー、スタンスという概念を滲ませて「立場」という語が頻出するというのだ「家」とは違う抑圧の正体を、漱石は「立場」と見抜いた。だから、漱石の作品はいまだにサラリーマンの胸を打ち続けているのではないか。

 この「立場」の信奉者たちの言語を安冨は「東大話法」と名づけ、批判している。「自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する」「自分の立場に都合のよいように相手の話を解釈する」。日本を動かす東大出身エリートの悪しき行動様式は、満洲国を破滅へ追いやったものと同質だというのだ

 安冨は東大教授だが、出身は京大。京大大学院に入る前に、住友銀行でバブル真っ盛りの狂気の時代を頑張り抜いた。「自分の本来の姿」を見失って「暴走」した優秀な銀行員としての「悲鳴」が、学問と女装を生んでいるのだった。

 満洲暴走のその時に書かれた本がたまたま文庫本で復刻された。白樺派の作家・長與善郎(ながよよしろう)が支那事変の翌年、昭和十三年に出した『少年満洲読本』(徳間文庫カレッジ)である。夏休みの満洲旅行の体裁を借りた満洲案内記である。日本の「分家」満洲国の発展する姿と危うさが、行間から伝わってくる。本書と併読するのにちょうどよかった。満洲大豆については、「二十年に余る満鉄試験所の努力苦心の結果」とあった。

新潮社 新潮45 2015年8月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
新潮社

(引用おわり)





■Stanley Kubrick Dr. Strangelove Movie CLIP - Kong Rides the Bomb (1964)

https://youtu.be/snTaSJk0n_Y


Dr. Strangelove (7/8) Movie CLIP - Kong Rides the Bomb (1964) HD
1,638,534 回視聴•2013/03/09
2:42
Movieclips






■まちはだれのもの

人工島芝浦は今年で100年。人間が暮らす街ではない。子供を育てる場所じゃない。

出演:安冨歩&片岡祐介
「純セレブ騎士団がゆく」
シリーズ
2019年11月6日 シバウラハウスにて
前半/トークイベント 後半/ワークショップ会場で即興曲づくりセッション

https://youtu.be/EcJ9UCgRxJY


まちはだれのもの
16,069 回視聴•2020/01/05
1:46:56
安冨歩やすとみあゆみ
チャンネル登録者数 1.28万人

出演:安冨歩&片岡祐介
「純セレブ騎士団がゆく」シリーズ
2019年11月6日 シバウラハウスにて



== FIN ==




Comment

Add your comment